リュードルフィア特許事務所は、お客様一人一人に親身になって接することをモットーにしている特許事務所です。

ニュースレターNo.5 「経時変化する成分 判例解説」

<概要>

今回は、判例、平成9年(ワ)第938号 損害賠償等請求事件について検討してみました。
この事件は、芳香性液体漂白剤組成物に関するものです。原告である特許権者が、被告製品 (家庭用かび取り剤) の製造販売が原告特許権を侵害するとして損害賠償等を求めたものです。
原告特許権 (特許第991692号) の特許請求の範囲は下記の通りです。
「(1) アニゾール、ベンゾフェノン、ベンジルフェニルエーテル、ブロメリア、セドレニルアセテート、p‐ターシャリーブチルシクロヘキサノール、ジメチルベンジルカルビニルアセテート、ジヒドロタービニルアセテート、ジフェニルオキサイド、ジメチルベンジルカルビノール、ジメチルフェニルエチルカルビノール、ジヒドロターピネオール、フェンチルアセテート、フェンチルアルコール、p‐メチルジメチルベンジルカルビノール、メチルフェニルカルビニルアセテート、メンチル‐n‐バリレート、ムスクモスケン、ムスカローム、メチルアミルケトン、フェニルエチルジメチルカルビニルアセテート、ローズフェノン、スチラリルプロピオネート、テトラヒドロムグオール、テトラヒドロムギルアセテート、テトラヒドロリナロール、テトラヒドロリナリルアセテート、ベルドール、ベルベトン、ベルドックス、コニフェラン、ヤラヤラから成る群から選ばれた一種又は二種以上の単体香料あるいは配合香料と
 (2) 次亜塩素酸ナトリウム水溶液に安定に溶解する界面活性剤を含有することを特徴とする
 (3) 次亜塩素酸ナトリウムを有効成分とする芳香性液体漂白剤組成物。」
争点は、被告製品が、本件特許発明の上記構成要件(1)を充足するか、特に、
(a) 構成要件(1)は、特許請求の範囲に記載された香料のみから構成される場合に限定され、特許請求の範囲に記載された香料とそれ以外の香料との組合せを含まないか、
(b) 被告が製造時に配合する香気性化合物が「ジメチルベンジルカルビニルイソブチレート」であり、「ジメチルベンジルカルビノール」は、その後、「ジメチルベンジルカルビニルイソブチレート」が変化したものである故に、構成要件(1)の充足が妨げられるか、
(c) 被告製品に含有されている「ジメチルベンジルカルビノール」 (ジメチルベンジルカルビニルイソブチレートが変化して生成したもの) の量が微少である故に、被告製品が構成要件(1)を充足しないと言えるか
と言う点にありました。

リュードルフィア特許事務所「業務内容」のページに戻る



リュードルフィア特許事務所は化学関係を主体とした特許事務所です。